フロースラントの魔法屋さんをプレイしました

 おっはゆーございます☀久野丘葉遊です🌿

 今日で朝ブログ168日目です✨

 さて、私の理想のフリゲを探す企画もそろそろ終盤に差し掛かってきました。

 今回紹介するのは『フロースラントの魔法屋さん』です。

 このゲームは錬金術師の学生の女の子が学生をやりつつお店をやっていくゲームです。定期的に学校のテストがあり、それをクリアするためには錬金術師としてのレベルを上げなければいけません。そのレベルを上げる方法は、まだ作ったことがないものを作ることです。そのために、レシピを買って作り方を学んだり、冒険者を雇って素材を集めたりでとにかくお金がかかるので、お店で稼いでいくような流れになっています。

 絵柄が非常に可愛らしいのですが、このゲームの難易度は結構高いです。毎月維持費を払うだけでもカツカツで、冒険者を雇うお金も無くなってお店のものを売るしかなくなったりと、やりくりが大変です。その上学校のテストに落ちても毎月の維持費が払えなくなってもゲームオーバーなので、しっかりお金の管理も時間の管理もしていく必要が有ります。

 ただ、私はこれくらいの難易度のものが結構好きでして、やはり試行錯誤してやっとクリアした時の達成感は良いものだなと思います。(何度落第して、何度破産したことか……)

 もちろん、ゲーム開始時に難易度も選べますので、難しいと感じた人は他の難易度も選んで大丈夫です。今回私が遊んだのは『ハードモード』で、他にも『イージーモード』、『ベリーイージーモード』もあります。元々作者が通常としていたのが『ハードモード』で、これしかなかったのですが、バージョンアップで難易度が選べるようになって、今の形になったようです。

 他にも冒険者たちとの『友好度』を使うことで、ゲームを有利に進めることができます。『友好度』は冒険者に素材集めを依頼したり、冒険者が商品を買ってくれる時に値引きすることで上がります。この『友好度』を使って、素材集めを依頼する賃金を下げたり、商品を買ってくれる時に値上げすることできます。

 この『友好度』もゲームの難易度を決める重要なシステムだなと感じました。私は冒険者が商品を買ってくれる時は値下げも値上げもせず、素材集めの時に急いでいたらその時だけ賃金をオマケしてもらうスタンスでプレイしました。

 おかげで友好度は溜まるのですが、お金は貯まらないという苦しい生活をしていました。

 このゲームでは、冒険者が持っているお金はこちらが渡した賃金が主なものになるので、お金を永遠と巻き上げることができないのもポイントです。一応冒険者たちの所持金を確認できるようになっているので、冒険者たちの懐事情も見つつお使いに出したり商品を買ってもらったりできます。

 冒険者は4人いて、それぞれ収集できる素材によって得手不得手が異なるので、そこも考えながら冒険に出すのも面白いなと感じました。

 興味がある方、是非とも 『フロースラントの魔法屋さん』 をプレイしてみてください。

 それでは、今日も一日頑張りましょう🔥

コメント

タイトルとURLをコピーしました