瑞山で『フカヒレの姿煮中華蕎麦』をいただきました!

 おっはゆーございます☀久野丘葉遊です🌿

 今日で朝ブログ211日目です✨

 昨日は朝霞のラーメン屋『瑞山』でついに、毎月最終日曜日のみ限定の『フカヒレの姿煮中華蕎麦』をいただきました!

 本当は期間限定メニューの『松茸とカニの中華蕎麦』を食べたかったのですが、私が言った時にはもう売り切れていました。そのためお試し感覚もあり、『フカヒレの姿煮中華蕎麦』の食券を購入しました。これがなかなか思い切った決断で、なんとこの『フカヒレの姿煮中華蕎麦』はお値段なんと1450円!ラーメン一杯にしてはなかなか勇気がいるお値段ですが、お目当ての品が売り切れていた悲しみもあり、大分奮発しちゃいました。

 では、そんなフカヒレの御姿を披露してしまいましょう!

 きれいな三日月型をしていますね。これがフカヒレの姿煮!

 いきなりフカヒレにかぶりつくのはもったいないので、まずはスープから飲んでみました。すると意外な味わいに驚かされました。見た目もレンゲですくった間隔も、トロッとしたあんかけそのものなのですが、このあんかけに、豚骨なのか鶏ガラなのか種類はわからないのですが、確かでとんでもなく濃厚なうまみが隠れていました。味がもうあんかけじゃないんです。ラーメンのスープにうまみを濃縮したようなものだったのです。

 中の麺は細麺で、箸ですくうとこのあんのスープがかなり絡まってきて、しっかりと麺と一緒に濃厚なスープも口の中に運んでくれます。これはうまい。正直フカヒレがなくてもこれだけでも満足できるくらいおいしいです。

 さて、しかしまあ大金を叩いて呼び寄せたこのフカヒレの姿煮を食さないで帰るのはさすがにもったいない。というわけでしっかりとフカヒレの姿煮もいただきました。正直私はフカヒレを食べたことはあってもフカヒレの姿煮を食べた記憶がなく、あのプルプルのコラーゲンの塊のような繊維状のものの食感を想像していました。しかしまあこのフカヒレの姿煮に豪快にもかぶりついた時に初めての感覚。コラーゲンのプルプルではなく、しっかりとした繊維質を感じました、その中にあのプルプルが隠れている様子が見えました。
 フカヒレの姿煮の中にあのプルプルってこんな風に隠れていたんだと感心しつつ、うまいスープが絡んだ姿煮をいただきました。ゆっくりと口の中で贅沢を噛みしめて、「また明日からお仕事頑張ろう」と心に誓うのでした。

 お目当ての品をいただけなかったとはいえ、その代わりすごい贅沢をしてしまいました✨

 今度また瑞山にお邪魔して、『松茸とカニの中華蕎麦』をいただこうと思います。

 それでは、今日も一日頑張りましょう🔥

コメント

タイトルとURLをコピーしました