朝霞の歴史を感じる『朝霞博物館』に行ってきました。

 おっはゆーございます☀久野丘葉遊です🌿

 今日で朝ブログ243日目です✨

 昨日は『文化の日』で会社はお休み。最近家の中でゲームなどをして過ごすことが多かったので、たまにはお出かけをしたくなり、『文化の日』にちなんで『朝霞博物館』に行きました。

 私の家からは一駅分有るので約40分ほど歩いてようやく到着です。工事中だった東洋大学から5分ほど歩いた場所にありました。

 『朝霞博物館』は小さな博物館ですが、誰でも無料で中に入ることができます。奥の方でやっていた『朝霞にファン・ゴッホ!ー日本初公開の水彩画に観るファン・ゴッホの新たな魅力ー丸沼芸術の森コレクション展』は予約制だったようで、そちらは見られなかったですが、通常展示エリアだけでも十分楽しめました。また、小さいですが図書館も併設されており、歴史や郷土資料などが多い印象でした。

 館内は清潔感があり、展示エリアに行くまでの風景を楽しむこともできます。水槽に土壌やザリガニもいて癒されたり、外の滝の様子に見入ったりと、穏やかな時が過ごせました。

 展示エリアには、朝霞の歴史を説明する展示品が飾られていました。ここで縄文土器や弥生土器など、よく歴史の教科書で見るようなものを見られるとは驚きでした。割れた後のある土器たちを復旧させて飾られているのに感動しました。

 他にも昔の町の様子や、舟で江戸まで米や大根など収穫物を運ぶ人々にまつわる説明、『伸銅』と呼ばれる工法で銅線を作っていた様子等、初めて知ることがたくさんありました。非常に楽しかったです。

 このレベルのものを無料で見れるとは、朝霞は太っ腹です。

 朝霞って、目黒川を中心として発展してきた町だったんだなあと感心いたしました。

 皆さんも、自分が住んでいる地域のことを勉強すると、自分が住んでいるところを好きになれるのではないかなと思います。

 地域の博物館などがありましたら、足を運んでみるのもいかがでしょうか?

 それでは、今日も一日頑張りましょう🔥

コメント

タイトルとURLをコピーしました